Aomori - October 17 to 20, 2020

旅行記: 青森

旅行記-青森

2020年10月17~20日に青森へ。前回の旅行(旅行記: 秋田)と同様、初めての場所だったためドライブと市内散歩により何があるのかをザックリと見るのに時間を費やしました。

ところで今回の旅行はGo To Travelと新幹線50%オフを利用したのでかなり格安に行けました。ホテル代は3泊4日の2人分合計が約4万円、6000円の商品券はニッポンレンタカーで使用しました。

1日目

到着日は、ダイワロイネットホテル青森にチェックインした後、青森ウォーターフロントとその周辺を散策。ちょうどいいお天気だったので、景色だけでなく、写真を撮ったり、外でワインを飲んだり、夕日を眺めたりと時間を楽しむことができました(以下の写真5点)。

2日目

2日目は恐山へのドライブ。

湾岸沿いを走り、展望台等を寄り道をしながら行ったので、青森駅周辺からだいたい3時間くらいかかりました。

菩提寺へ近づくにつれ硫黄臭が強くなってきて、閉まっていた車の窓の無意味でした。

小石が積み上げられた地獄の風景、水子地蔵、硫黄により黄色くなった水や石、毒性が強すぎて生物がいないという透き通った湖 。。。どれも日本のいわゆるお寺のイメージとは随分異なる雰囲気の場所でした。

3日目

3日目は反対側の竜飛岬に向けて湾岸沿いをドライブ。もちろん途中で数カ所寄り道(以下の写真3点)しながらゆっくりとした旅です。この日も天気に恵まれ、青空と青い海の景色を存分に楽しむことができました。ただ、風は強かったです。

竜飛岬では、観光スポットは横を通っただけで、ほとんどの時間を漁港周辺で過ごしました。散歩したり、岩を上って上から景色を眺めたりです。親子で釣りをしに来ている人がいたりと、なんだかのどかな空間で、時間がスローに流れる感じでした。

帰り道に義経寺というサインを見つけたのでそこも立ち寄りました。普通の感じのお寺なのですが、高台にあるので景色は良かったです。

4日目

最終日はチェックアウトしてから市内の散策。駅の近くでCafe des Gitanesというカフェを見つけたのでテイクアウトコーヒーを購入。その後、青森駅から遠くに行く方向へ歩いていきましたが、似たような小さなカフェが次々に目につきました。

このエリアにあるバーやレストランの数と比べると、カフェの数はとても多い気がしました(左の写真で赤線で囲った赤マーク)。新たなカフェ街にでもなってきたのかな。。。と思いました。

新幹線・特急の旅行の場合は恒例の「ワイン x お弁当」で旅行の締め。今回は左の写真のプリミティーヴォを飲みました。駅ビルのジュピターで買いました。

帰りの新幹線はやっぱりガラガラ。新青森から同じ車両にいたのは他に2組。でも、盛岡と仙台でたくさん乗ってきました。

これまでの旅行記は こちらをご覧ください。