Freelance life

フリーランス翻訳家: コロナで何が変わった?

翻訳者ブログ

随分前にフリーランス翻訳家のライフスタイルに関して書いたことがあるのですが、今回は、コロナの影響でどんな風に変わったか(8月31日現在)を書きたいと思います。

まず、仕事量・収入の面でいうと、少しずつ回復してきてはいるものの、まだこれまでの半分くらいです。私の場合、日本国内での受注は回復しつつある一方で、国外からの受注はプッツリ切れたままです。

仕事スタイルの面では、これまでは1日に3件くらいカフェなどに行って心地よく仕事をしていましたが、今ではほとんど家にいることが多いです。この点では経費が微妙に減ったのかな?と思います。

趣味の面では、毎日のようにジムに行ってましたが、今ではアウトドアと宅トレにてエクササイズ。自転車やウォーキングなどのアウトドアアクティビティをしたり、ダンベル等を使って自己トレしたり、オンラインのフィットネスクラスに参加したり。。。といった感じです。

Advertisements

そもそも通勤がないので、あんまり大きく変わったことはないな。。。というのが本音です。

企業も同じだと思いますが、収益が減れば経費を減らすことは鉄則。私の場合、今年(今のところ)減った経費は、交際費、雑費(カフェ利用料等)、会議費等です。幸いにして、パソコンが壊れたりしなかったので、大きな出費は今のところなしです(ちなみに、翻訳家ってパソコンの使用頻度が高いので、どんなに良い商品を買ったとしても買い替え頻度が高いと思います。私の場合は、2~3年毎に買い替えです。)。

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

今後掲載して欲しいトピックなどのご要望等がありましたら、お問合せページからお気軽にお知らせくださいませ。

これまでに書いたフリーランス関連の記事はこちら、翻訳関連の記事はこちらでご覧ください。