Freelance life

フリーランサーの2拠点生活

フリーランサーの2拠点生活

この記事を読んでいて、私もシェアしたいと思いました。

以前私も『地方移住: フリーランス翻訳家ならピッタリ!?』というブログを書いたことがありますが、実はその少しあと、千葉に小さな家を賃貸しました。何度も旅行に行く場所なので長期滞在するならホテルよりもお得、というのが理由です。

実際に月に2回くらい使ってきたので無駄にはなっていないのではないかと思いますが、コロナが理由で4月と5月はほとんどこの田舎の家に避難していたので使用率はかなり高かったです。この家を借りていてよかったと思います。旅行好きな人間ですがコロナのせいで3月以降していないので、こちらの家で気分転換ができました。

私は少ないものの翻訳の仕事は普通通りできましたし、パートナーもZoomで仕事が完結していたので問題ありませんでした。

ところで『賃貸』と言ったのでこれについても書きたいと思います。

Advertisements

田舎に家を借りてるというと、友人からは「別荘があるの?」と聞かれるのですが、そんなかっこいいものじゃないです(笑)しょせん古い家の賃貸ですので。でも買うのではなく借りてて良かったと思います。今、都内の不動産情報を見ていると、伊豆(特に熱海)周辺で別荘と思われる家がたたき売りされています。200万円とか50万円とか。たぶん、バブル時代に親が買ったけど、子どもとしてはいらないから売りたい、でもこんな安くても売れないから、どんどん値段が下がっていく。。。ってことかなと思ってます。

それで『賃貸』にしてメリットと感じたのは、

  1. 次に別の場所に移りたいときのフットワークが軽い
  2. 初期費用が安い
  3. 数年住んでみないと本当にその地が好きかはわからない
  4. 賃貸生活をしているうちに、現地で魅力的な売り物件を見つける可能性が高い

一方で、田舎で気になったことは、

Advertisements
  1. ゴミ出しの時間がうるさい(都内のマンションだと、いつでもゴミ置き場に出しておける。私たちが田舎に家を借りてるエリアでは、朝8時直前のみ。前日や数時間前に出すのは禁止。)
  2. 朝の8時だか7時半だかはわからないけど、いつも同じ時間に市内のスピーカーでミュージックが流れて警察のアナウンス(ほとんどがオレオレ詐欺と最近ではコロナの件)が流れる。たぶん緊急事態用のスピーカーを使っているのだろうけどあり得ない。戦争時代の名残なのか? いずれにしても刑務所か病院か何かにいる気分(笑)。
  3. 虫(特にムカデ)。都内のマンションでは見ない気持ち悪い虫が普通に出てくる。古い家だからかと思っていたのですが、現地の知り合い(モダンな比較的新しい家)に聞いたら、当たり前のことらしい。

私が見たメリットとデメリットはこんな感じですが、これから地方移住を考えている方には、いきなり買うのではなく、いったん賃貸するのがかなりおススメだと思いました。


これまでに書いたフリーランス関連の記事はこちら、翻訳関連の記事はこちらでご覧ください。

Advertisements

翻訳ランキング