Thailand - Spring 2018

Ayutthaya_Bicycle Tour (50 Baht/Day) / アユタヤ自転車巡り(50 バーツ/日)

[Click here for English]

アユタヤには、前回のブログでも書いたとおりチェンマイから電車に乗ってへ行き、3泊4日した。アユタヤ駅からホテルまで乗ったトゥクトゥクのドライバーからは、翌日1日チャーターで遺跡巡りをしてくれると言われた。でも、どこへ行きたいかを決めてなかった上、各遺跡の位置や距離関係等々、全然分からなかったのでとりあえず断った。正直言って、どこへ行くにも基本的に現地に着くまでは細かいことを調べないタイプなので何も知らないままアユタヤ駅に着いた感じだったからだ。

その直後にホテル(Silp Pa Phra Nakhon Si Ayutthaya)へチェックインしてみると、24時間50バーツのレンタサイクルが目に入った。

また、ホテルの人に聞いて見ると、有名なWat Mahathatまでは徒歩で行ける距離で、それ以外の遺跡もそれぞれあまり離れていないことが分かった。

そこで、翌日は朝食前から夕食後まで自転車をレンタルした。

自転車はその時の気分に合わせて自由がきく上、ガイドブック等に載っていない所とかも見れるのでかなりオススメ!

レンタサイクルによる1日の行動はこんな感じ。

* Wat Mahathat下見: インターネットの情報はあてにならないので、朝食前に行って開く時間を調べた。ちなみにこの日の時間は、インターネットで書いてある時間よりも30分早かった。

* ホテルに戻って朝食

* Wat Mahathat

* Wat Ratchaburana

* その後、一旦 Wat Nah Phramenまでサイクリングしたけど、人も多いし、あまりピンとこなかったので5分ほど入口付近で休憩して入らなかった。

* Wat Thammikarat: サイクリング途中でたまたま見つけた。観光客でごった返しのところが嫌いな私としてはここが一番良かった。

* 近くで見つけた店でランチ

* 別の所へ行こうとしたけど暑さで疲れてしまいホテルへ戻って1時間休憩

* Wat Chaiwatanaram: ここで、タイの伝統的なドレスを着たタイ人女性グループ(30名前後)を見かけた。話しかけてみたところ、今タイでは自国の文化や歴史を学ぶことが流行っていてバンコクからバスで来たという。後にタイ人の友人に聞いてみたところ、タイでは現在『Buppae Sannivas』(ご参考)というテレビドラマが大流行してるらしく、その影響があるらしい。そんなことで、ここにはタイ人も外国人もたくさん来ていた。

* Wat Lokayasutharam (temple of the reclining Buddha)

* 公共の広場にある遺跡二つ: これらはたまたま見つけて立ち寄ったので、遺跡の名前はあるかもしれないけど分からない。

* 夕食: 屋台形式のところで簡単に夕食を済ませてからホテルへ戻った。

Advertisements

One thought on “Ayutthaya_Bicycle Tour (50 Baht/Day) / アユタヤ自転車巡り(50 バーツ/日)