Choshi, Chiba 2017

千葉県銚子 ー 銚子電鉄のお話/Choshi, Chiba – Choshi Dentetsu

[English follows Japanese]

銚子に来たことがある人なら銚子電鉄に乗ったことはあると思う。銚子駅と外川駅の間の単線を走る2両電車だ。

パスモが使えなかったり、スタッフが切符を切りに来るといった昔ながらのスタイルに趣がある。

今回の旅行で乗車したときに、たまたま運転手とお話した。でも実は、その方は銚子電鉄の社長さんだった。

赤字だから社長自ら運転していると言ってた。ぬれ煎餅の収入があるからビジネスを続けることができているとのことだ。なんだか悲しそうだった。

ホントかな?、と思いグーグル検索してみたら、やっぱり赤字のニュースがいっぱいヒットした。前回のブログで銚子にあるホテルのレビューを書いた中に、ホテルニュー大新がある。このホテルのウェブサイトでも銚子電鉄を一生懸命応援してるみたいだ。

銚子電鉄は乗る度にバレンタインデコレーションやらハロウィンデコレーションがあったりと工夫をしている。また、ウェブサイトを見ると、そのほかにもたくさんの努力をしているみたいだ。

そもそも、このエリアにはなくなったホテルやレストランがあったり、誰も住んでいないでそのまま放置されたと見える家(以下写真)がたくさんあったりする。それを見る限り、住んでる人も観光客も少ないからキビシイのかな、と思った。この電車がなくなると不便になるのでがんばって欲しい。



Anyone who has come to Choshi would have taken a Choshi Dentetsu train, a two-car train that runs a single line between Choshi station and Togawa station.

It has an old style – we can’t use Pasmo, and train staff comes to punch a ticket. Certainly a distinctive scene we rarely see nowadays.

During the trip, we happened to chat with a train driver. While we were talking, we found out he is actually the president of Choshi Dentetsu.

He said he himself has to drive because the company is in deficit. The only reason it still stays in business is that they sell nure senbei or soft rice crackers. He looked sad.

I google-searched later on to see what he said is true. A lot of news hit regarding this train company being in deficit. In my previous blog, I wrote hotel reviews. One of the hotels, Hotel New Daishin seems to help promote Choshi Dentetsu on their website.

Every time we take this train, we see some seasonal decoration such as Valentine and Halloween. Their website also shows they are making other efforts as well.

Given the fact we see abandoned hotels, restaurants, private houses (see pictures below) in this area, the number of residents and tourists must to be very small, and we can see why business is tough. I hope this train survives though. Without it, it would become much harder to get around the area.

Advertisements