Koh Samui - Summer 2017 · Travelog

サムイ島 – ファラング的な旅の勧め

サムイ島リピーターや、穴場スポットを求める旅行者、その他旅行慣れした方には、ファラング的な旅をおススメしたい(ファラングとはタイ語でいう『西洋人』のこと。日本語の「外人」のように多少ネガティヴな使い方をされることが多いとは聞いているが、このブログでは単に西洋人という意味。)。島を隅々まで見ることができ、時間もお金も節約することができて行動範囲がかなり広がるからだ。

では、『ファラング的な旅』とは? (ちなみにこれは私が勝手にそう呼んでいるだけ。)現地ツアーとかは使わず、バイクをレンタルして自由気ままに島を走ってまわる方法だ。サムイ島などタイに行ったことのある人なら誰でも見かけたことがあるはずだ。バックパッカーの旅とはまた違う。ヨーロッパからの裕福な比較的高齢の方も普通に行っている。

2年前は、Lamaiに2週間、Bophutに1週間滞在し、ソンテウとバイクタクシーで島をまわった。昨年も滞在期間・エリアは同じで、今度はソンテウとバイクタクシーに加えて、何日かバイクレンタルしてまわった。

今年はLamaiに1ヶ月間滞在し、丸1ヶ月間バイクをレンタルをした(1ヶ月3000バーツとガソリン代。)。

その結果、今回の旅では、穴場やマイナーな場所をもっと見ることができたり、たまたま何かに遭遇するという楽しみもたくさんあった。また、気に入った場所には何度も行って簡単なピクニックをしたりもした。そのときの天気や気分、その他予定に合わせてフレキシブルに動くことができた。最終的には、時間を気にしてバタバタすることなくゆっくりとバケーションを楽しむことができたにもかかわらず、とてもたくさんのことをすることができたのだ。

Photo 2017-08-05 13 47 51
バイク旅行の途中

穴場やマイナーな場所で特に気に入っているところは以前このブログでも紹介したOverlap RockKhad Nui View Restaurant等がある。どちらも山の中にある景色の良い場所だ。

また、道の途中でマイナーなお寺にたまたま立ち寄ったことがあるが、その時に、寺の建物内の壁画を描いているシーンに出くわしたりもした。以下の写真は、右側に下書きがあり、左側にいる人が色付けしているところ。_DSF4659

また、雨上がりの路上にサソリを見かけたりもした(出会いたくはないけど...)。しかも4回も!_DSF4758



その他、Lipa Noiビーチ、Bang Poビーチといった観光客が比較的少ない静かなビーチへ行くこともできた。

こんな感じで、マイナーな滝、登り切れなかった道...等々、話出したら尽きない。他のバイク旅行者との間での話題も豊富になり、島の見え方・楽しみ方がまったく変わってくる。

ただ、安全だけには注意したい。外国人も現地の人も交通事故で死亡するケースはよくある。酔っ払い運転、飲みながらの運転、小さな子供の運転、無免許運転といった、人的な原因の場合や、道に砂やオイルがこぼれていて転倒するケース、突然、野良犬が飛び出してきた等々、気を付けるべきことはたくさんある。それさえ注意すれば、バイクにより最高の旅ができる。

この1ヶ月間で日本人と思われるバイク旅行者を見かけたことはなかったが、冒険家の方には是非こんな旅の仕方をオススメしたい。

Advertisements

2 thoughts on “サムイ島 – ファラング的な旅の勧め